カテゴリ:その他( 451 )

初物

去年植えた茗荷が、今年も順調に大きくなりました。

収穫して、まずは甘酢漬け。
e0271461_07432214.jpg
これを刻んだものと、
同じく甘酢漬けにした新生姜、それから胡麻と一緒に、ご飯に混ぜ込みます。
これが今年のマイブーム。

白っぽくてわかりにくいですが、↓混ぜご飯になっています。
e0271461_07432986.jpg
盛りだくさん弁当でお恥ずかしい限り(#^^#)


[PR]
by tobikurasha | 2017-07-22 07:47 | その他 | Comments(4)

お暑うございます

寝ころんだままで失礼します。小太郎です。
e0271461_20205594.jpg
皆様、いかがお過ごしですか?
ぼくは毎日、暑くて暑くて、ぜんぜん食欲が湧きません。
ジャーキーとワンワンビスケットくらしか、食べられません。
あ、犬缶は食べられます。
出汁を取った後の煮干しもイケます。

あ~、まったく。体力落ちちゃうよなぁ。
e0271461_20254684.jpg
*つまり、非常に元気ですヘU^ェ^U


[PR]
by tobikurasha | 2017-07-14 20:29 | その他 | Comments(12)

中東料理の夕べ

佐倉市にある「サダフ」というお店に行きました。

これがなかなかスゴイ所にありまして。
・車が無いと行けない。(電車だと、駅から1時間くらい(しかも徒歩)かかる)
・車で行っても、迷う。(明らかに私有地に入るんだもの)
e0271461_08392861.jpg
これ、入口。なかなか入りづらい。

そして敷地内には「砂漠の中の、広大な車のスクラップ場」みたいな景色が広がり
その中を砂煙を立てて走ると、ようやくレストランに辿り着きます。

あまり中東には縁が無いので、ややビビりながらの入店だったのですが、
お料理はどれもすごくおいしく、店員さんも優しく穏やか。
e0271461_08185948.jpg
このお店、敷地内で働く人たちの社員食堂みたいな役割もあるらしく
日本人以外の人たちもたくさん食事をしているのですが
そのお客さんたちも、とっても親切で紳士的なのです。
ちなみに写真の料理はラム・マトン・チキンの焼いたもの。そして金時豆のカレー。
そのほかにピラフのようなものや、豆のコロッケもおいしかった~♪


[PR]
by tobikurasha | 2017-07-09 08:45 | その他 | Comments(4)

すいかすいかすいか

先日の集まりでのひとコマ。
大~きなスイカを切り分け、みんなでいただきました。今年、初スイカ!

e0271461_07305858.jpg

最近は、大きなスイカより、一人サイズの小さなスイカが主流なんですって。
まぁねー、少人数の家庭で大きなスイカは食べきれないですもんね。

[PR]
by tobikurasha | 2017-07-05 07:37 | その他 | Comments(10)

しょうがな(い)人

去年の今ごろ、
茗荷が好きなあまり、苗を買って植え
「ミョウガニストになります!」なんて言っておりました。

e0271461_19182121.jpg
茗荷は今年も元気に育ってます。

ですが、私は茗荷好きであると同時に、生姜好きでもありました。
茗荷の苗を買う時も、
「茗荷にする?生姜にする?それとも両方にしちゃう?」
と、さんざん迷いましたし。
作付面積の都合上、生姜なく、茗荷だけにしましたが。
敷地が狭いんだもん。生姜ない。生姜ない。

そんな生姜好きの心を掴んで離さない会社があります。
「岩下の新生姜」でおなじみの、岩下食品。
そこが「新生姜発売30周年」で、こんな商品を出していました。
e0271461_19183574.jpg

ポテトチップスには、新生姜パウダーが入っているし
ピンクジンジャーエールには、新生姜の漬け液が入ってるらしい!
e0271461_19184466.jpg
すごいピンク(笑)
そして漬け液の効果か、確かに普通のジンジャーエールとは、ちょっと違う味がします。

そして、「生姜漬けの素」を使った、生姜漬け。
奥は、同じ液(ちょっと薄めた)を使った、キュウリ漬け。
e0271461_19185020.jpg
嬉しいな~。
夏はやっぱり、茗荷と新生姜だねー\(^o^)/


[PR]
by tobikurasha | 2017-07-01 19:39 | その他 | Comments(8)

バックヤードツアー

ちょっと前のことになりますが
「ディスカバー・イケア」という、
普段は入れない、イケアの裏側を見せてくれるツアーに参加しました。

こんな所とかね。
e0271461_07262614.jpg
これは店舗の裏側。資材が置かれています。


秘密(?)の扉を潜り抜けると・・・
e0271461_07263615.jpg


コンテナから荷物を下ろす場所があったり
e0271461_07264789.jpg
もっと雑然としているのを想像していたのに、思いのほか綺麗だった!


こちらは、フォーリフトで家具を持ち上げる作業の見学。
棚の一番上は、高さ8メートル!
e0271461_07265857.jpg
一番奥に、フォークリフトが停まっているの、見えます?
まさに今、8メートルの場所に家具を入れようとしている最中です。

そしてこれが別棟にあるイケア・ジャパンのオフィス。
綺麗で、広くて、明るくて。私の職場とはずいぶんな違い。
e0271461_07271040.jpg
もちろん家具はすべて、イケア。

写真撮影はいくらでもどうぞ♪と言うだけあって
どこもきちんと整理整頓されていて、綺麗。

そして何より、スタッフの皆さんがイケア愛に溢れているのが印象的でした。

[PR]
by tobikurasha | 2017-06-24 07:46 | その他 | Comments(6)

抜け殻の日

こちら、ある日のうちのご飯。
e0271461_07412195.jpg
厚揚げが一切れ無いのは、小太郎にやったから。(^m^)

昨日、いろいろあって大腸検査を受けました。
精神的ダメージが大きくて、昨日は一日、使い物にならなかった・・(苦笑)
そして来週は、定期健康診断でバリウムを飲みます。
きっとまた、抜け殻のようになります。
医療の進歩とか、技術革新なんていう割に、検査って相変わらず辛い。
本当に進歩してるの??って聞きたくなっちゃう。

[PR]
by tobikurasha | 2017-06-18 07:51 | その他 | Comments(12)

おいしい煎茶

スコーンと晴れた土曜日。
e0271461_18312641.jpg
よく行く江戸時代へ、煎茶を作りに行っていました。

手揉み茶作りのプロから手ほどきを受け、
焙炉という台の前で手揉み作業をします。
私がやったのは、製茶のほんの一部分にすぎなかったのですが
暑いし、腰は痛いし、背中は軋むし、これはこれは大変な作業です。
(大変すぎて、作業中の写真なんて撮っている暇はなかった・・・)
手揉み茶の値段が高いわけが、よーくわかりました。
e0271461_18314663.jpg
完成間近のお茶。

素人が作ったものではあるけれど、機械で作ったお茶よりも
茶葉が長いの、わかります?
e0271461_18313786.jpg
機械で揉むと、どうしても葉が切れて短くなってしまうのだとか。
だから、長いままお茶になっているというのは、手揉みの証拠なのですよ♪
先生が作ると、もっと細くて長くて、縫い針みたいな美しいお茶に仕上がります。

さて、苦労して出来上がったお茶。
先生から教わった「暑い時期に飲むなら、これが最高!」という方法で淹れてみました。
e0271461_18321914.jpg
茶葉を湯飲みにひとつまみ。
そこにほんの少~しお湯を入れ、氷を乗せます。
氷を溶かしながら、チビチビと飲むのですが
これが香りが良くて、濃厚で、旨みたっぷりで、トロッと甘い!
煎茶って、すごい飲み物だわ。
コーヒーも紅茶も良いけれど、もっともっと日本茶を飲もう!と思ったのでした。

[PR]
by tobikurasha | 2017-06-11 19:02 | その他 | Comments(22)

ひとりごと

人間たちはお風呂が好きです。
なんで、あんな所にウキウキしながら入っていくのか、
なんで、あんなにビショビショになるのが好きなのか、
ボクにはぜんぜんわかりません。
e0271461_07311541.jpg
ボクもお風呂に入りますが、あれは「きょうせいてき」に入れられてるだけです。
あんな所、なくなっちゃえばいいのに・・・と、心の中では思ってます。


あれ?心の声、聞こえてた?
e0271461_07312408.jpg

[PR]
by tobikurasha | 2017-06-03 07:36 | その他 | Comments(6)

決まりごと

ねぇ人間。
まだ、ぱそこんしてるの?もう寝ようよ。
e0271461_19290594.jpg
え?先に寝てていいよ・・・って?

う~ん、すごく疲れてる時は、そうしちゃうんだけどねー。
e0271461_19285818.jpg

今日はそうでもないから、もうちょっと待っててあげる。
e0271461_19291514.jpg

寝室内の、人間はベッドに、小太郎はシャトル(犬小屋)に入って寝ます。
(一緒のベッドに寝てるわけじゃーありません)
だから、先にシャトルに行って寝てればいいのに・・・と思うのですが
なぜかいつも、人間の用事がすべて終わるまで、待っていてくれます。
「さ、こたちゃん。寝ましょうか」と声をかけられると
「待ってました♪」と、いそいそシャトルに入っていきます(#^^#)

[PR]
by tobikurasha | 2017-05-19 19:41 | その他 | Comments(18)

気の向くままに。


by ももんが
プロフィールを見る
画像一覧