鍛冶屋入門

すっかり春めいてきました。小太郎地方。
e0271461_16142416.jpg

今日はまた「江戸時代」へ行き
(正しくは「千葉県立房総のむら」といいます。れっきとした博物館です)
鍛冶屋さんに入門してきました。

昔ながらの鍛冶場で
e0271461_16143323.jpg

鋼と鉄を合わせ、熱しては叩き、熱しては叩き・・・を繰り返します。
e0271461_16144794.jpg

最後に刃を作り、研ぐと小刀ができあがります。
見た目は無骨ですが、握ると手にしっくり馴染み
切れもなかなか良いんですよ。
e0271461_16145266.jpg

切れが良いのも、手に馴染む形なのも、すべては先生のお陰なのですが(#^^#)
私は闇雲に槌を振り下ろし、鉄を平たくするだけで精いっぱい。
ベロベロに広がった鉄を、小刀の形に戻してくださったのは先生です。
鍛冶仕事の難しさが、よーくわかった一日でした。

[PR]
Commented by BBpinevalley at 2017-03-20 17:34
大変ですよね、鍛冶作業。
私、大学時代、メタルアートを専攻していた時期があって、トンカチやっていました。
金属が熱や衝撃に反応するのは面白いですよね。
形を変えること、接着することが好きでした。
ジュエリーも長年やりました。
しかし、体力がいりますね。
もうダメです。
Commented by tobikurasha at 2017-03-21 07:25
☆BBpinevalley さん
あの暑さ、真夏は痩せる思いでしょうね(#^^#)
鉄を扱うのは初めてだったこともあり、すごく新鮮でした。
熱して叩いて研いで・・・一つ一つ、鉄と相談(?)しながら
作りあげていくのが、面白いなぁと。
次年度、半年間の「鍛冶屋講習」があるんですが、
取ってみようかと思っているところです。
Commented by budoudana-de at 2017-03-21 10:35
おはようございます。
面白い体験でしたね。
鍛冶屋さんも懐かしく思い出します。
子供の頃、よく遊びに行ったものです。
ふいごでしたっけ?
風を起こして火を燃やす・・・
今考えてみると全て手作業の重労働でしたね。
出来上がった小刀、カッコいいです。^^
Commented by tobikurasha at 2017-03-21 19:18
☆茜さん
滅多にできない経験だったたけに、とても面白かったです。
小刀を一本作るのに、大変な手間と労働が必要だということも、よくわかりました。

面白かったのが、鍛冶屋体験をしている私を見て
通りかかった人たちが「村の鍛冶屋」を唄ってくれるのですが
なぜか3人に1人は「村の鎮守の神様の~」って歌いだすんですよ。
それは「むらまつり」の歌ですよ~(#^^#)
Commented by milknyan1 at 2017-03-23 19:36
こんばんはミルクの母さんです。
暖かいコメントありがとうございました!
ミルクを可愛がってくださってありがとうございました。
Commented by tobikurasha at 2017-03-24 07:17
☆ミルクママさん
私もミルクちゃんが大好きだったので、
ちょっと動揺し、気の利いたコメントができなくてごめんなさい。
ミルクちゃんと一緒に過ごした12年は、かけがえのない時間でしたよね。
どうぞ、ゆっくりなさってね。
そして、元気になったら、またブログを再開してくださいね。
by tobikurasha | 2017-03-20 16:27 | 手仕事 | Comments(6)

気の向くままに。


by ももんが
プロフィールを見る
画像一覧